実印と認印の違いについてまとめてみました。

印鑑の種類として実印というものと認印というものがありますが、といったところが、違っているのでしょう。

何となく、象牙で作ってある、高級そうな印鑑を実印と呼び、はんこ屋さんで売ってる。三文判が認め印、そんなふうに考えていたりしませんでしょうか。

違いは、結構、簡単です。

実印とはどんなハンコのことか。

 

簡単に言うと、印鑑登録してあるハンコのことです。個人の場合は住民票を管理している役所で法人の場合は法務局で登録することになっています。

ちなみに、シャチハタはゴム印であるため、使用頻度が多いと形が変わるなどの理由から印鑑登録することはできず、実印にはなりません。

認印とはどんなハンコのことでしょう。

 

 

簡単に言うと、印鑑登録してない。ハンコはすべて認印ということになります。象牙などで作ったどんな高価な印鑑も登録していなければ認印ということになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です