カフェオレとカフェラテの違いについてまとめてみました。

カフェラテとカフェオレの違いは?実は同じもの?

 

カフェオレとはフランス語で、濃いコーヒーにほぼ同量の温めた牛乳を入れた飲み物のことです。大きめのカップや、大きな茶碗のような形のカフェオレボウルに入れて、たっぷり飲むのがフランス流とされています。

一方、カフェラテはイタリア語で、やはり濃いコーヒーに牛乳を入れたものです。カフェオレもカフェラテも、実は同じ意味でコーヒー牛乳になります。

おかしなもので二つとも同じ作り方なのになぜ呼び名が違うかといえば日本ではエスプレッソと牛乳を混ぜたものをカフェラテコーヒーと牛乳を混ぜたものカフェオレと使い分けていることが多いからです。

 

この区別はいつから始まったの?

 

この区別は、アメリカのコーヒーチェーン店から広まったと考えられています。スターバックスなどもそうなのかもしれませんね。ちなみにフランスやイタリアではコーヒーカフェといえばエスプレッソが普通です。エスプレッソは専用の器具エスプレッソマシンを使って深入りの豆に蒸気圧をかけて一気に抽出するため非常に濃く味にコクがあります。

小さなカップに注ぎブラックでまたは砂糖を入れて飲みま。。フランスやイタリアではコーヒーにはミルクは吐かないのが普通なのでミルクを入れてたっぷり飲みたい時はカフェオレカフェラテを注文するのが良いでしょう。

イタリアでポピュラーなコーヒーの飲み方にカプチーノがありますこれはカップに注いだエスプレッソの上に家は建てた温かい牛乳を注いたもので、。日本ではコーヒーの上にホイップクリームを食べたり、さらにココアパウダーやシナモンを振りかけているものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です