ハイヤーとタクシーの違いってどこ? 気になるところをまとめてみました。

タクシーとは、簡単に言うと?

同じような意味で使っている人も多いかもしれませんが、簡単に違いをまとめるとタクシーは

乗客の求めに応じて目的地まで運ぶことを目的としていて基本料金・走行した距離・かかった

時間などから料金をはかって徴収する営業用の自動車です。町で乗車したい人を乗せるために

流してるのを多く見かけるのがこちらであり、乗車地から降車地までが対象となっていて時間や

距離などによるメーター制ですので近距離ならそれほどお金はかかりません。

ハイヤーとは、簡単に言うと?

それに対し、ハイヤーは英語で言うところの賃貸や雇用を意味していて、営業所から派遣する

運転手つき貸し切り乗用車を指しています。メーター制ではありませんので車にメーターが

搭載されていないと思い込んでいる人が多いようですが、道路運送法では営業許可を取るために

メーターが必要になりますので、使われなくても搭載されています。依頼すると営業所の車庫

から出て迎えにいき、それから目的地まで送って車庫に戻るまでが課金の対象である点が大きく

異なる部分です。

見た目にも違いがあります。割高に思えるハイヤーではありますが、交通機関の中では高い

付加価値を持っていて個別輸送機関として重宝されており、車体内部も非常に過ごしやすいタイプです。

黒塗りの高級車がとても多くて格式があり、移動の間も快適に過ごせるように作られていますので、

ゆったりとした移動を楽しむことができます。乗り心地も非常に良いのですが、自分でわざわざ

呼ばなければなりませんので、急に移動しなければならなくなった時に用意できないことがあります。

タクシーはいつでも呼びやすいというのが最大のメリットであり、道路を走っている車が人を乗せて

おらず流しの状態なら、手を挙げて乗せてもらうことができますので、急いでいる時でもすぐに利用

することが可能です。田舎の方になると電話で予約して配車の手配をしてもらうことが多いようですが、

都会ではそういった使われ方よりは流しのものを探すことがほとんどです。

 

料金の違いは?

料金について詳しく見ていくと、タクシーは乗った時点で料金が発生して降りた時までで

計算が行われます。

初乗り料金であれば550円程度から乗ることができ、高めでも750円程度となっていますので

それほど多くの費用はかかりません。5km程度なら多くても3,000円程度となりますので、

移動にあまりお金をかけたくない時でも利用しやすいといえます。ハイヤーは専属契約が

多くなっていて、ほんの少し利用するだけでも5,000円くらいかかることを覚悟しなければ

なりません。一般的な移動の手段として頻繁に利用されるようなものではなく、会社役員の

移動や葬儀場に行く手段、ゴルフ場の送迎などで利用されることが目立つのがこのタイプであり、

法人が専属契約することも多々あります。5km以内であっても20,000万円程度かかるのが

相場ですので、普段使いにするには少々負担が大きいと感じますが、特別な日の移動手段

としてはとても重宝されますし、格式を重んじるようなシーンでは多用されているようです。

具体的にどのような使い分けをされているのかを確認してみると、ハイヤーは法事の際の

移動手段や大企業の役員の送迎、ゴルフの接待用、大事な客先への訪問時の移動手段など

のもてなす場合や日常とは少し異なるシーンで使われており、ドアも運転手が開けてくれます。

黒塗りの車で服装もきちんとしていて、料金はその日に支払うのではなくて後日支払うため

に請求書方式にしてもらうことも可能です。法人契約が多いとのことですが、個人で利用

することもでき、その場合には利用する前に契約書や審査が必要になります。保証金も

必要ですので、利用料とは別に数十万のお金を支払わなければなりません。保証金は解約時に返金され、

請求は1ヶ月ごとに行われるのが一般的です。こうした事情を踏まえると、なかなか一般の人が

日常使いとして利用するのはハードルが高いといえます。

タクシーは家族や友達同士で移動するために利用したり、終電を逃してしまった時に使うことも

あります。乗客を乗せていない時には儲けがありませんので、町を流して乗りたい人を探していて、

すぐに見つかることが多いようです。サービス面に関しては自動ドアによる開閉ですので自分で

開ける必要はありませんし、見える位置に料金が表示されていますので乗客は料金を逐一確認

できて便利です。支払いは降りる時に済ませるしかありませんので、請求書払いには対応していません。

このように同じような目的で用いられているものではありますが、利用方法は大きく異なります。

ハイヤーは格式を重んじるようなシーンやもてなしが必要な時に利用するものであり、乗り心地が

良い分かかる費用が高くなります。タクシーなら料金が安いので気軽に乗ることができますが、

サービス面に関してはハイヤーに劣る部分がありますので、それを理解した上でどちらが良いのを

選ぶことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です