アパートとマンションの違いってどこ? 気になるところをまとめてみました。

世の中にはたくさんの集合住宅がありますが、日本では大きく分けてアパートと

マンションが存在しています。アパートとは、一回だけのものもありますが2階建ての

ものが中心になってきています。最近はしっかりとした鉄筋の造りになっているため

3階建のものも存在しているのが特徴です。3階建の場合には、非常に頑丈につくられ

ているため昔のものとはずいぶんと違いがあります。どちらかというとマンションよりも

安っぽいイメージがありますがそれは昔のイメージであり最近はほとんどマンションと

変わらないようなものもありますのでそれほど大きな相違点がないといってよいでしょう。

一方でマンションの場合は、都心部を中心にたくさん建築されているのが特徴になります。

やすいところもありますが高級なところも存在しており、つつに価格帯も幅広いのが魅力に

なります。実際に、都心部だけでなく地方都市の駅前などにもたくさん建築されており、

人口が多く駅前などに住みたい人にとっては良い建築物といえるでしょう。

このように、大きさの違いが二つの違いのように感じますが、大きさといっても非常に

あいまいなものになりますので実際は大きさだけで区別するわけではありません。

まず基本的には、アパートの場合エレベーターが付いていません。通常4階建て以上の建物で

なければなかなかエレベーターをつけることはありませんので、どの建物でもエレベーターは

ついていないと考えてよいです。また、鉄骨といっても軽量鉄筋を用いていることが多く、

頑丈病気な鉄骨がもちいられている例はほとんどありません。このように考えると、アパートの

特徴は建物でも3階建て以内になっておりしかも重要鉄筋が使われていないことです。

ただ実は厳密に言えばこの二つの違いははっきりと線を引くことができないものとされています。

一昔前ならば、2階建てのものが一番背の高い建物でしたので3階建て以上かあるいはそれ以下か

で判断していたのですが、最近は工法も十分に考えられており3階建のものも存在しているため

若干区別があいまいになりつつあります。

これに対してマンションの場合は、間違いなく木造の建物は存在しません。そもそも木造の

建物があったとすれば、大きな地震により倒壊してしまう可能性があるでしょう。もちろん

外国の方では5階建てぐらいの木造のマンションが存在していますが、それは日本のように

大きな地震が来ない国になります。つまり、そのお国柄地震などで倒壊する可能性もほとんど

なくまた鉄骨の技術などが発達していなければ木造で建築するしかありません。たいていの場合には、

最初は3階建てだったのに、建て増し行っていき結果的に5階建てになってしまうようなところが

ありました。日本で言えば、確実に違法建築になりますが、外国の場合はそれが許されており

少なくとも日本の地形ではまず考えられないでしょう。

もう一つの特徴は、10階建て以上のところが多くあることです。これも重量鉄筋で建築されているため

ある程度の高さまで背を高くすることが可能になります。そうすると、今度は大きな地震が問題になります

が耐震設計をしているだけでなく免震設計を考えられているのが最近の特徴になります。免震設計とは、

地震の揺れに耐えるのではなくそもそも揺れ自体を少なくする働きがあります。どのような作りになって

いるかといえば、既存の部分に何重にも重ねられたゴムを入れておきます。このゴムが、大きな地震が

来た時に揺れを和らげる働きがあり結果的に大きな揺れが来てもその物自体の被害が非常に少なくなるわけです。

そうすると耐震設計との相違点は明らかで、建物自体の損害を防ぐことができることと、大きな揺れに

よって家具などが倒れてくることを防ぐことができる点になるわけです。実際に大きな地震が起きた時に

家具などが倒れてそれが原因で亡くなった人も少なくありません。実際に想定外のことが起こりえますので、

確実に揺れを抑えることができる設計をしてある建物ならば安心できるといえるでしょう。

住む人の立場になればどのような相違点があるかといえばアパートの場合には組合などがあるわけでは

ありません。そもそも組合をつくったところで、すぐに出て行ってしまう人もいます。

またアパートの場合には、賃貸住宅の人しか住んでおらずわざわざ購入して住む人はほとんどいません。

そうだとすれば、もともと設計自体が4人家族から5人家族程度ですむことが予定されていない作りに

なっていることがわかります。そこまで考えると、そもそも部屋の広さも両社が違うことがわかって

くるでしょう。それは2LDKまでのものなのかそれとも3LDK以上の大きさになっているかの区別になる

と考えて間違いありません。このように考えて見ると二つの違う点はだんだんとわかってきますがただ

見た目の区別は非常に難しくなっている時代が来ているといっても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です