ハロウィンの由来について

最近は日本でもすっかり定着した行事のハロウィン。

日本では仮装をして大人は夜の街で大騒ぎ。子供はお菓子をもらうために

歩いている。

でも、そもそもハロウィンって

何をする行事?

そこで今回は、ハロウィンの由来などを中心に調べてみました。

 

ハロウィンの由来

 image001

古代ケルト民族が起源と考えられ、1年の終わりとされていた10月31日に

行われるお祭りのこと。この夜に死者の霊が訪ねてきたり、悪霊が作物を荒らすと

信じられ、そこから秋の収穫を祝い悪霊を追い出す宗教的な意味合いのある行事

なっていったようです。日本で言うならお盆ということでしょうか?

 

ハロウィンではどんなことをおこなうの?

本場アメリカやヨーロッパでも最近は、宗教的な意味合いは少なくなり、

かなりイベント化されており、学校やショッピングモールなどで仮装パーティーが

行われているようです。夜になると、仮装をした子供たちが民家やお店を回り

「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」と言いながら歩きます。

もう一つ、ハロウィンといえばかぼちゃをくりぬいて作る、ジャックオランタンが

有名です。これは、死んだ男性が天国へも地獄へも行けずさまよっているとき、

悪魔が地獄の火を分け与え、提灯に火を灯したということに由来されているようです。

 

最近の流行は?

 image002

本場、アメリカやヨーロッパでも現代ではすっかり民間行事になってしまった

ハロウィン。日本では、1970年代に関連商品をキディランドが売り出し、

1983年に同店でパレードを始めたのが、浸透してきたのがきっかけに

なっているようです。それにしても、そんなに前から仮装をしてパレードに

参加していた日本人がいたとは・・・・⁉

ということで、今では日本でも仮装をしてのパーティーやパレードがあちらこちらで

見かけられます。最近の仮装のクオリティも高く、外国人も日本でのイベントを

様子を見て、驚く人もいるとか?

具体的には、やはりお化けや魔女の衣装を多く見かけるような気がします。

小さなお子さんは、スパイダーマンや女の子はやはりアナ雪に変装する子が

多いようです。衣装だけでなく、顔のペインティングにも最近は力が入って

いますよね。子供用には、低刺激で指などで簡単にペインティングができる

顔用絵具なども、100円ショップで手に入れることができます。

image003

まとめ

いかがだったでしょうか?ここ数年、特に日本でも定着し、大手テーマパークでは

クリスマスイベントのシーズンよりもハロウィンのシーズンの方が盛り上がりを

見せているという噂も耳にします。

宗教や伝統を気にせず、大人も子供も楽しんでいるハロウィン。みんなでワイワイ

楽しむことは大いに結構なことですが、最近のハロウィンの日の繁華街の夜は

いささか行き過ぎた行動を取ってしまう大人も多いような・・・。

他の人が不快に思ったり、傷つくような本来のパーティーからはかけ離れた

行動だけは慎み、楽しい一日を過ごしましょうね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です