廃車でも車買取りでお金がもらえる方法とは

もうこれは廃車にしなければならないという車が愛車の場合には、廃車にするために費用がかかると思ってしまいがちです。新車を買おうとしてディーラーに買取を依頼してもコストがかかってしまいますが、車査定をお願いするとお金がもらえることがあります。廃車になる車であっても、有効利用してお金にできるように工夫を行っている買取業者もあるからです。廃車申請を始めてしまう前に、買取業者に相談して手軽に愛車を売却できるようにしましょう。

廃車にかかる費用とは
廃車にしなければならなくなったクルマを処分するためには、必ずコストがかかります。車は買ったときに、陸運局または軽自動車検査協会に登録をして管理されているため、登録抹消をするための廃車手続きを行わなければなりません。廃車申請を行うための書面も用意しなければならず、それをプロにお願いすると数千円はかかるのが普通です。これに加えて、業者が引き取り解体してもらうための分解コストがかかり、法律で定められているリサイクル料を支払っていない場合には、その支払いも不可欠になります。合わせると一万円から三万円程度はコストがかかるのが廃車手続きです。

廃車は手間もかかる
廃車をするためには申請を行うために面倒もかかります。陸運局に赴いて手続きを行うか、行政書士などの専門家にお願いすることが必要になるからです。そして、愛車を受け取ってもらうために業者や自動車工場などに問い合わせをして車を持ち込むか、引き取りに来てもらわなければなりません。既に車道を運転できない状況になっている車の場合には、レッカー移動をしてもらわなければならない場合もあり、多大な労力が不可欠になります。

なぜ廃車を引き取ってくれるのか
廃車になるような車を車買取業者がお代を出して買い取ってくれるのは、ただボランティアとして行っているからではありません。業者側の努力によって、廃車になるくるまであっても利潤を生み出せるようにしているからこそお金を出して買い取っています。国内市場では値打ちのないクルマであったとしても、外国では求められているケースもあり、世界市場に中古車として売りに出す販路を持っているのが一例です。また、車はいくつものパーツから成り立っているため、ほぼ全てパーツが使えない状況になってしまったとしても、使えるパーツを取れば中古部品として使用できるケースもあります。たとえそれが無理だったとしても、クルマを構成している金属である鉄やアルミニウムなどは材料として有用なものです。解体して原料を再利用することによりお金にできる手段を探し出し、廃車も下取りするようになっているのです。

廃車下取りで手間も無くなる!?
廃車申請の面倒を、自動車買取を申請して無くすことができます。基本的には、普通の車買取の申請と同じ手続きで進めることができ、その中に陸運局への書面の提出などはありません。廃車手続きをする必要がある場合でも買取業者が代行してくれる仕組みになっていて、その手間代も考慮して買取価格が確定されています。陸運局への提出書類の準備についても行政書士に依頼する必要はなく、業者側で代行してもらえるのが基本です。このため、特に廃車に関する余計な手間をかける必要なくクルマを手放すことができます。必要書類になる印鑑証明書や免許証の写し、車検証や自賠責保険の原本、そして再利用券を準備するだけで申請を終えられるのです。

廃車とはどのような車があるのか
そもそも廃車は、クルマを今後はもう利用しないものとして陸運局に申請であり、走れる車である限りは廃車にする必要はありません。しかし、もう愛車には乗車しない方の場合には所持しているだけでも自動車税などの税金の負荷が生じることになります。買い替えのときにも同様であり、古くなって走らせない愛車は所持していてもあまり利益がありません。そのため、買取や下取りを委託することで手放すのが普通ですが、そのときに値段がつかないかむしろ下取りに費用がかかる場合があります。これが廃車と言われるときの状態であり、走行距離の長さや年式の古さから市場価値がなかったり、事故車や水没車などの訳ありの自動車であったりすると廃車とみなされるのです。走行距離としては10万km以上となると廃車とみなされるのが普通ですが、古さについては車種の人気にも影響されるので一概に言うことはできません。また、新品の自動車で事故を起こしていなかったとしても、外見で既にボロボロになっている場合には廃車として金額がつかなくなります。

廃車になってもまずは買取業者に依頼しよう
廃車になってしまった、という時に自分から陸運局で手続きをしようと思うよりも、まずは買取業者に依頼するのが得策です。業者によってクルマの下取りには得手不得手がありますが、廃車の買取に長けている業者に依頼すれば少額のの価格であっても出してもらうことができます。無料査定を受けて少しでも高値で引き取ってくれる業者を探すという努力をすることも可能です。廃車を求めている業者は多いので、最初から廃車のためにコストをかけようと思わずに、まずは依頼から進めてみるのが得策と言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です