東京ドームシティーのおすすめアトラクションをまとめてみました!

東京ドームシティ


今日は読売ジャイアンツの本拠地東京ドームの周辺エリア、

所謂、東京ドームシティについて書いていきます。

東京ドームシティは、東京ドームで巨人戦を見た後に

気軽に立ち寄れる場所です。

 

試合が終わった後は電車が混むので混雑を避ける為に、

東京ドームシティを有効活用する人が多いです。

東京ドームシティを攻略出来れば、楽しさ100倍です。

 

こんなに面白いところだったのかと正に目から鱗状態に

なる事間違いなしです。この機会に東京ドームシティを攻略しましょう。

 

東京ドームシティってどんなところ?

東京ドームシティは複合型アミューズメントパークです。

最初は東京ドームと後楽園遊園地と別々でしたが、

大規模改革によって巨大アミューズメントパークに生まれ変わりました。

 

デーゲームで読売ジャイアンツ戦を東京ドームで観た後は、

東京ドームシティによる人も少なくありません。

 

絶叫系マシーンから、メリーゴーランドまであります。

また東京ドームシティ内にはスパも入っており、

そのまま家に帰るのが面倒になってしまったサラリーマンの

方はここで仮眠をとる人も少なくありません。

 

遊園地としての規模はそれほど大きくはありませんが、

大観覧車やジェットコースターまであり、お化け屋敷もあります。

お化け屋敷は怖い事で知られています。

 

東京ドームシティ内にある施設は、ラクーア・WINS後楽園・

遊園地・東京ドームホテル・東京ドーム等があります。

1日いても飽きない場所です。寒ければ屋内に入れますし、

暑くても同じです。

 


 

イメージ的にはこんな感じですが、この画像は東京ドームシティの

半分ですね。まだもう少しあります。因みに高い建物が見えますが、

あれは東京ドームホテルではなく、文京区役所です。

 

おすすめのアトラクションはどんなものがある?

サンダードルフィンと言う時速130キロで一気に最高到達点から

下降する絶叫系ジェットコースターが人気です。あまり体が強くない人

には乗れない物です。絶叫系コースターが好きな人には堪らない

アトラクションです。

 

ビックオーと呼ばれている大観覧車もあります。そして体が弱い人

にも人気のアトラクションワンダードロップ。13Mの高さから一気

に水の中に落ちるアトラクションです。


服が濡れるのは覚悟して乗らなければいけないアトラクションです。

途中まではゆっくりで最後だけ、スピードがあがるので、

体が弱い人でもこれなら大丈夫だと思います。しかし、

アトラクションの好みは皆さん価値観が違いますからその辺りは何とも言えません。

 

 

 

おすすめの見学順序

朝から満喫したいのなら、先ずは東京ドームアトラクションは

入園料が無料です。その為出入りも自由です。ワンデーパスを

買うのがおススメです。先ずは、ワンダードロップから攻めたいですね。

そして、サンダードルフィンをその次に乗りたいですね。

 

そして、この2つを乗り終えたらちょうど昼食時です。

東京ドームシティアトラクションにはさまざまな飲食店が

入っており、ラクーアもあります。

 

 

落ち着いて昼食は取りたいですね。そして読売ジャイアンツの

デーゲームは14時からなので、週末は13時30分くらいに

東京ドームに移動しましょう。歩いて5分です。

 

東京ドームの読売ジャイアンツ戦のチケットは前もって

買っておきましょう。今は昔と違い比較的指定席も取り

やすくなっています。そうは言っても週末の阪神タイガース戦は

かなりチケットを取るのが大変です。先にチケットは抑えておきましょう。

そうすれば試合開始前に入場すれば試合開始から試合終了まで野球観戦ができます。

 

野球と東京ドームアトラクションは別物です。

しかし、こんな贅沢な週末を過ごせるのは首都圏の人の特権とも言えます。

本当に1日があっという間に過ぎていきます。

 

 

試合が終了したら再び東京ドームアトラクションで、遊ぶ事が出来ます。

ナイター開催の時は22時まで営業していることもありますが、

基本的には21時までです。

 

まとめ

東京ドームシティは、最寄り駅がJR総武線水道橋駅と

都営三田線の水道橋駅。それに、東京メトロ丸の内線の、

後楽園駅です。東京ドームシティのどのエリアに

行きたいのかによって駅の選択も変わってきますが、

基本的に徒歩5分圏内にあるのでどの駅を利用しても

不便には感じないと思います。

 

東京ドームシティは駐車場は一応ありますが、

そんなに台数が入らないので、公共交通機関の利用をおススメします。

これだけ立地条件に恵まれている、アミューズメントパークも

国内にそんなにありません。

 

東京ドームシティでの遊び方は大人向けと子供向けがあります。

ワンデーパスを買って、巨人戦も見るのは子供と大人向けですが、

大人向けにはWINS後楽園があるので、馬券を買うことが出来ます。

 

運が良ければ馬券でお金を増やせるかも知れません。

そんなに世の中は甘くはありませんが・・・。

ただ、馬券を買った以上はその馬券が的中する可能性はありますからね。

ボウリング場にバッティングセンターもあるので、思うがままに遊ぶ事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です