お香典の相場についていろんな疑問をまとめてみました!

香典相場

お香典は、通夜またはお葬式(葬儀)のいずれかに持参するのが一般的です。急なお葬式の知らせを聞いて悩ましいのが香典として包む金額のことですね。

故人や喪家とのお付き合いの深さによって異なるとは言われますが、血縁関係や親族の場合もあれば、友人・知人、ご近所、職場の人間関係といった立場の違いも考慮して、さていくらが妥当だろうと気になるところ。

年齢によっても多少その相場が変わってくるようです。

 

親族関係の場合

そもそも香典であまりあり得ない金額というのが4千円や6千円とか、または3千5百円や1万2千円などといった中途半端な額ですね。

まずは親族の場合であれば、贈る側が20代であれば1万円からと考えるのが一般的のようです。

両親の場合がもっとも金額が高くなるとここから考えますと次の表のような金額が一般的に言われる例かと思われます。
贈り手の年代とお香典相場(親族の場合)
年代 20代 30代 40代
親(両親) 30,000~100,000 50,000~100,000 100,000~
祖父母 10,000 10,000~30,000 30,000~50,000
兄弟姉妹 30,000~50,000 50,000 50,000
叔父叔母・伯父伯母 10,000 10,000~20,000 10,000~30,000
その他の親戚 5,000~10,000 5,000~20,000 5,000~30,000
 

友人知人、その他の場合

友人知人の関係と言いましてもいろいろなケースがあります。故人との直接的な関係はもちろん、喪主や施主など喪家の方々との間接的な関係などもありますので一概には言えませんが親族の場合を基本に考えるとある程度の相場が見えてくるように思えます。

友人どうしや職場では、少しずつ出し合ってキリのよい金額にすることもありますね。
贈り手の年代とお香典相場(友人知人、その他の場合)
年代 20代 30代 40代
友人・知人 3,000~10,000 5,000~10,000 5,000~10,000
友人・知人の親 3,000~10,000 3,000~10,000 3,000~10,000
恩師、先生 3,000~5,000 3,000~10,000 3,000~10,000
隣近所 3,000~5,000 3,000~10,000 3,000~10,000
その他 3,000~ 3,000~ 3,000~
 

ビジネスシーン・会社などの職場では、会社名で香典を出すという場合もありますので、上司と相談などという場面もよくあります。一般的には1万円以上となるでしょう。

また、先方の直接の担当者などその関係や年齢によっても違いますが、一般的には3千円以上となるようです。

夫婦で通夜葬儀に参列する場合も2人で1万円でもOKと言われますが、会食などに参加される場合にはそれ相応の金額を包み2万円以上と考えたいところです。

まとめ

職場では同じ部署であっても葬儀はプライベートなこととして、特に家族や親族のご不幸に際しては仕事と切分けて考えるように変わってきました。

喪家の立場になると仕事も休むことにもなり、香典や参列などそれ以上職場の皆さまに迷惑をかけたくないという心理もお互い働くことも影響しているのでしょうか。

隣近所に対してもお香典をご辞退させて頂きますという喪家からの意向があるなど、最近は職場以外でも葬儀は家族のプライベートの儀式という考え方も一般的に受け入れられるようになってきたようですね。

とはいえ訃報のお知らせを聞いて少しでもと気持ちが動くのも人情というもの。まぁいいかと安易に判断してしまうと、後で気まずい思いや後悔を引きずるなんてことにもなりかねないだけに年齢や立場によっては慎重に考えることも必要の様です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です