黒酢の健康効果とおすすめの飲み方!

黒酢の健康効果とおすすめの飲み方!

お酢が健康にいいことはみなさん百も承知でしょう。
お酢はお酢でも「黒酢」の健康効果やおすすめレシピをご紹介していきます。

◇黒酢にはどんな栄養が含まれている?
穀物酢は基本的に
・アミノ酸
・アミノ酸以外の有機酸
・糖分
・酢酸
・水分
で構成されています。

そして一般的な穀物酢とは違う黒酢は、原料となる玄米を多く使用した上で発酵・熟成に長い時間をかけるため、アミノ酸やビタミン、ミネラル類が豊富に含まれているのです。

これらの栄養成分による健康効果は次に紹介しますが、黒酢に豊富に含まれているアミノ酸は健康に良いだけでなく、料理のコクや旨みを深めてくれるので様々な料理との相性がいいのも特徴です。

◇黒酢の健康効果は?
黒酢の健康効果をご紹介していきます。

・ダイエット、美容効果
黒酢の存在が有名になった理由のひとつにダイエット、美容効果があります。
女性はダイエットや美容効果があるものからは目が離せませんよね!

黒酢に含まれるアミノ酸には基礎代謝の向上効果があります。
そのため体の中にたまった嫌な脂肪をエネルギーに変えて燃焼することができます。

またクエン酸を摂取することで、糖質や脂質といったものもエネルギーや血肉に上手に変換できるようになるのです。
こうした理由から黒酢にはダイエット効果が期待できます。

それだけではなく、お肌のシミを防ぐ「シスチン」、保湿や酸化防止に効果のある「グリシン」、コラーゲンの元となる「スレオニン」なども含まれているので美容効果もあるのです。

・生活習慣病の予防
脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞といった生活習慣病は年齢を重ねるごとに気になってきますよね。

一般的な穀物酢には血をサラサラにする効果があり、動脈硬化を防ぐことができ生活習慣病の予防に繋がります。
さらに黒酢は穀物酢と比べて含まれるアミノ酸の量が多いので、効果が非常に高いのです。

・疲労回復
アミノ酸といったら、疲労回復効果があるのは有名ですね。
プロのスポーツ選手もアミノ酸が含まれるスポーツドリンクなどを試合中やトレーニング中によく補給しています。

そんなアミノ酸が黒酢には含まれているので、毎日飲むことで生活習慣病の予防だけでなく毎日の疲労も軽減、回復できます。

◇黒酢のおすすめの飲み方は?
様々な健康効果が期待できる黒酢のおすすめの飲み方はどういったものなのでしょうか?

・黒酢の1日あたりの摂取量
どんなに健康に良いものでも、食べ過ぎ、飲み過ぎはよくありません。
黒酢の場合は、1日に20~30ml(大さじ2杯程度)を摂取するようにしましょう。

・黒酢のおすすめの飲み方
黒酢は一般的なお酢と同じくらい、種類によってはそれ以上に刺激が強いです。
そのため、水や自分が好きなジュースで薄めて飲むようにするといいです。
りんごジュースなどで薄めると飲みやすくていいですね。

飲むタイミングとしては、空腹時だけは避けるようにしましょう。
いくら薄めた黒酢といっても、空っぽの胃には負担が大きすぎます。

空腹時さえ避ければタイミングは自由です。
食事の前に飲めば食欲増進ができますし、食事の最中から食後にかけて飲むと胃の消化も良くなっているので黒酢の成分が吸収しやすくなります。
運動の前後に飲めば、疲労を軽減することも可能です。

まさに自分に合ったタイミングで飲むのがおすすめといえますね。

黒酢の健康効果は様々!
ダイエット・美容効果と聞くと女性のためのものというイメージがありますが、他にも生活習慣病の予防や疲労回復効果があるので、黒酢は老若男女問わずに口にしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です