柿の栄養と効能って?せっかくなら美味しい柿を食べたい!

柿の栄養と効能って?せっかくなら美味しい柿を食べたい!

「柿が赤くなれば医者は青くなる」ということわざを皆さんはご存知ですか?

これは「柿が赤くなる季節(秋)には、蜜柑、柚子といった栄養豊富な果物が実をつけ、それを食べれば皆が健康になる。そうなると医者は手持無沙汰になってしまう」というような意味が込められています。

そんなことわざにもなっている柿。
実際にはどんな栄養や効能があるのでしょうか。

◇含まれる栄養は?
まずは栄養からみていきましょう。

柿に含まれている栄養の中で特に豊富に含まれているのは

・ビタミンC
・ビタミンA
・タンニン
・カリウム
・βークリプトキサンチン

などです。

柿に含まれているビタミンCの量は非常に多く、大きめの柿をひとつ口にするだけで1日分の必要量をまかなうことができます。
またビタミンAも他の果物と比べても多く含まれており、干し柿にすると生と比べて2倍以上の量にもなります。
しかし、干し柿にした場合はビタミンCが減ってしまうため注意が必要です。

タンニンは、柿の渋みの元にもなっている成分です。

また抗がん作用があるβークリプトキサンチンが含まれていることも最近発見され、さらに柿の健康効果の高さに注目が集まっています。

◇どんな効能があるの?
柿にいろんな栄養が含まれていることは分かっていただけましたね。
それでは実際に柿を食べることによって、どのような健康効果を得ることができるのでしょうか?

・高血圧症の予防、改善
・風邪や感染症、インフルエンザの予防
・抗がん作用
・老化の抑制
・二日酔い
・美肌効果

ざっとあげただけでもいろんな効果がありますね。

柿が食べ頃の時期になると気温も下がり、少し油断をしただけでも風邪をひいてしまう方も少なくないでしょう。
上でも書きましたがβークリプトキサンチンによる抗がん作用。
年齢を重ねるごとにがんも心配になってきますよね。
豊富なビタミンCやカロテンによる美肌効果。
これは女性にとっては見逃せない効果です。

様々な効果があるため、老若男女誰が食べても損がない果物ということがわかりますね。

◇美味しい柿の見分け方!
健康効果がたくさんあるなら、柿を毎日食べたい!
そしてせっかくなら美味しい柿を食べたいですよね。
そんなときに覚えておいてほしいのが、美味しい柿の見分け方です。

簡単な見分け方のポイントは

・ヘタ
・色
・固さ
・重さ

の4つです。

まずは、柿のヘタが4枚ついていて実とおの隙間が少ないものを選びます。
柿のヘタは基本的に4枚ついており、これが1枚でもかけている場合は、実が大きくなりきれていない可能性があります。
また、ヘタと実の間に隙間があるということは実が大きくなりきれていない証拠でもあり、その隙間から虫が入りこんでしまっている可能性もあるのです。

次に実が均一に色づいたものを選びます。
柿の底の部分からヘタの付近まで均一に色づいているかどうかチェックしましょう。

次は実際に手に取ってみて、実の固さを確認します。
ベストなのは、柔らかすぎず固すぎないものです。
ちなみに固いものは買ってから少し時間をおくと柔らかくなるので、柔らかすぎるものをまずは避けるようにしたほうがいいですね。

最後に重さで比べてみましょう。
実がしっかりと詰まっていればそれだけ重くなります。
同じくらいの大きさの柿と持ち比べてみると、分かりやすいかもしれませんね。

たくさんの健康効果がある柿。
柿の時期がきたら、食後のデザートとして1日1回柿を食べて秋の風邪などから体をしっかりと守っていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です