干し柿の栄養ってどうなっているの?

干し柿の栄養ってどうなっているの?

秋、柿の収穫が終わり軒先に吊るされる、そんなのどかな風景を見たことは

ありませんか?昔は良く食べていたなあとか、おばあちゃん作った干し柿

美味しかったなあ、なんて思い出した方いらっしゃいますよね。

今回はそんなどこか懐かしい干し柿のことについて調べてみます。

 

♢干し柿にする柿の種類は?

原料となるのは、そのままでは食べることのできない渋柿で、乾燥されることにより

渋味がなくなり、甘みが増すのが特徴です。また乾燥しやすいように小型の品種が

適していて、市田柿(長野産)、紅柿(山形産)、などがあります。このように渋柿で

作られることが多いのですが、甘柿でも作ることはできます。

また干し柿を食べる習慣は日本の他に、中国や台湾、韓国でも食べられています。

 

♢作り方や、注意点は?

枝と柄の部分を紐で結び、雨露を避けて軒下などに吊るし乾燥させ、約2週間から

1か月ほどで完成します。この作り方から「つるし柿」と呼ばれています。

また冬が寒いと美味しい干し柿ができますが、暖冬になると

カビが発生しやすくなるので注意しましょう。

 

♢栄養はどうなっているの?

主成分は炭水化物で、その他に食物繊維、マンガン、カリウムなどのミネラル、

β-カロチンが含まれていて、高血圧、脳卒中の予防、むくみ、二日酔いなどに

効くと言われます。他に粘膜や皮膚を健康に保ち、風邪予防にもなります。

また中国では、生薬としても使われ、肺を潤して、止血、下痢止めの効能があると

されます。他に、白い粉の部分は喉を潤し、痰を切ると言われています。へたにも

効能があり、煎じて飲むとしゃっくりやゲップに効くとされています。

一方でタンニンが多く含まれていて、このタンニンを多く取り過ぎると

鉄分の吸収を妨げるというデメリットがあるので、貧血気味の方は

食べすぎないようにしましょう。

 

♢柿の種類によって栄養は違うの?

干し柿の種類は、石川県が特産のころ柿、富山県が特産のあんぽ柿など

いくつかありますが、それぞれで栄養価の差はないようです。

ただ、干し柿と生の柿ではビタミンAが2倍ほど干し柿の方が多くなります。

一方でビタミンCは干し柿になるとなくなってしまいます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

生の柿は好きだけど、干し柿は苦手、という方、実は多いのでは

ないでしょうか?でも調べてみると栄養価が高くて、生薬にも使われるほど

なのです。レシピを調べてみると、実はチーズとの相性が抜群なんだとか。

ドライフルーツとして、ケーキの材料に取り入れてみても美味しいかも

しれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です