レターパックライトで追跡できない場合の対処方法について!

レターパックライトは日本郵便で利用できるサービスです。

書類などを一度に安く送ることが可能で、配送状況も追跡サービスで分かるという点が魅力ですね。

しかし、「まだ届かない」「追跡サービスが利用できない」といったトラブルが発生したら、どうすればよいのでしょうか。

 

追跡できない、何が起こっている、何が原因!


追跡番号を入力したのに追跡できない、一体どういうこと、何がどうなっている!と焦るキモチは分かります。

 

ここでは、荷物に何が起こっているのかいくつか考えられる原因をあげていきますね。

 
  1. 追跡番号の入力間違い

追跡番号は12ケタの番号です。目がチカチカしますね。

1つでも間違えると正しい結果は出ません。

お手元の番号をよく確認して再度入力しましょう。

 

もし何度かやってもダメな場合は、送り主から伝えられた番号自体が間違っていることも

考えられますので、理由を話してもう一度聞いてみましょう。

 
  1. 送り主である相手がまだ実際に送っていない

これは個人のインターネット販売等でよくあるケースです。

 

実際にはまだ送っていない状態なのに、追跡番号だけ先に相手に知らせてしまった場合このようなことになります。

 

当然相手はもう送ったものと考えて、追跡サービスを利用しようとしますが、まだ発送していないなら反映されません。

 
  1. 発送はされているが、まだシステムに反映されていない

例えば、郵便局から遠いポストに投函した場合、集荷して郵便局に集めるのも遅くなります。

 

発送した当日なら、追跡サービスに最新情報が反映されるのに多少の時間がかかりますので、もうしばらく経ってから利用しましょう。

 
  1. 悪天候や災害、繁忙期の関係

台風や地震などの天候・災害は、確実に影響を及ぼします。

特に、発送した地域と受け取る地域が離れているとピンとこないかも知れませんね。

 

お中元・お歳暮・お盆・年末年始などの時期は、繁忙期です。

通常よりも荷物が多くなりますし、交通機関なども制約を受けたりするので、いつもよりも遅くなると心得ましょう。

 
  1. スタッフのミス

どんなに真面目に頑張っていてもミスは起こってしまいます。

システムに反映する作業など、一連の流れの中でどこか止まっている可能性があります。

 

実際、問い合わせたらすぐに動き出したという話もよく聞きますね。

 

以上がよくある原因です。

 

たまにレアなケースが重なってメチャクチャになる場合もありますが、多くはこのような原因で追跡できないということがほとんどですね。

 

そんなに慌てない、追跡する方法はこちら


以下に通常の追跡方法をご紹介しますね。

 
  1. 日本郵便のホームページで、追跡サービスをクリックします。
 
  1. 個別番号検索で、お問い合わせ番号の欄に12ケタの追跡番号を入力します。
この時、ハイフンは入れないで、半角で入力してください。

 
  1. 追跡スタートボタンをクリックします。
 
  1. 追跡結果が出ます。
 

ちなみにレターパックライトは、「引受」と「到着」「お届け先にお届け済み」の3項目です。

 

引受とは日本郵便が、窓口やポストに投函された荷物を受け取ったという意味です。

 

次の到着とは、荷物を配送する最寄りの郵便局に到着したということですね。

 

最後にお届け先に無事配達されれば完了になります。

レターパックライトはポストに投函でも、たまたま他にも郵便物があれば手渡しにもなります。

 

基本的にはこれで追跡はできますが、中には直接問い合わせをした方が良い場合もあります。

 
  • 荷物が発送された翌日以降に追跡サービスを利用したが、システムに反映されていない
 

この場合は何らかの形で、荷物がストップしてしまっていることが考えられます。

 

ラベル控えや荷物番号(追跡番号)をお手元に用意してから、荷物を発送した住所の最寄り郵便局に問い合わせしましょう。

 

もし、何日も「引受」から表示が変わらない、などの場合があったら、遠慮なく電話でいいので問い合わせするのが一番です。

 

まとめ


追跡サービスはとても便利ですね。

送った側も受け取る側も、荷物の配送状況が一目で分かります。

 

ちなみに、追跡番号は必ずお手元に残しておきましょう。

 

個人情報保護などの理由で、原則として郵便局側は教えてはくれません。

 

追跡番号が分からなくなってしまった場合は、基本的に荷物が届くまでじっと待つしかないのです。

 

レターパックライトはそうそう日数はかかりませんから、ガマンして待ちましょう。

 

さらに、繁忙期になると追跡サービスの混乱率がグンと上がります。

 

これはレターパックライトに限らず、どこの配送業者にも言えることですね。

 

いつもの倍以上日数がかかったり、不在伝票も入っていないのに、「不在のため持ち帰り」という

表示になっていたり、お届け予定日をとっくに過ぎているのに何の表示も出ないなどという状況がたびたび起こります。

 

一番こわいのが荷物の行方不明なので、「おかしいな」と感じたら、すぐにお問い合わせすることをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です