打ち水を効果的に行うには、いつがいい?回答はこちら!!

この夏はものすごい猛暑で、辛い毎日が続いています。

最近、毎日本当に暑いなと思いながら夕方道を歩いていたら、お店の前で水をまいているのを見ました。

この頃うちのまわりがマンションが多いためか、あまり近所で見かけなくなったような気がしますが、打ち水ですね。

水をまいているのを見たら、なんだか少し涼しくなったような気がします。

 

打ち水って本当に効果はあるんでしょうか?いつ頃すれば効果的なのでしょうか?

打ち水について、あまり今まで知らなかったような気がします。

打ち水によって本当に涼しくなるのであれば、この猛暑、ありがたいですよね。

打ち水について気になることも多いので、真面目に効果や効果のある時間帯などについて調べてみました。

打ち水の効果はこんなところにあります。


 

打ち水を色々調べてみると、現在の猛暑やヒートアイランド現象の抑制のために最近注目されているみたいです。

 

私はあまり知らなかったのですが、東京や大阪の都市部などでも打ち水のイベントなどが行われており、大変盛り上がっているようです。

 

最近の暑さは辛いので、打ち水をすることによって気温が下がればいいですよね。

打ち水のやり方

打ち水は、水溜まりができないくらいの量の水を、早朝か夕方に日陰に撒くことでできます。

 

ホースでもできますし、手桶と尺でも、なければペットボトルに入れた水を直接撒いても大丈夫です。

 

水も水道水ではなくても風呂の残り湯などで大丈夫です。

 

特別に用意するものもないので、誰にでも簡単にできますね。

 

 

では、打ち水にはどのような効果があるのでしょうか?

 

気化熱を用いて気温を下げる

水は蒸発するときに熱を吸収します。

 

その吸収する熱を「気化熱」といいます。

 

その気化熱によって地面の熱を大気に逃す効果を利用しています。

 

気化熱によって地面や周囲の気温が下がり涼しくなります。

 

体感温度は1度~2度ほど下がる効果な期待できるようです。

ヒートアイランド現象の抑制

打ち水でアスファルトやコンクリートなどを直接濡らして温度を下げることで、ヒートアイランド現象を抑制することができます。

風ができる

打ち水をした場所としていない場所での気圧差が生じることによって、風が吹くことになります。

 

風速にすると1秒間に60センチでそよ風のような微風にはなりますが、少し風が吹くことで、体感温度が1度ほど低くなります。

埃を取る

打ち水で水を撒くことによって埃の舞い上がりを防ぎ、埃を取ることができます。

 

打ち水は以上のような効果が期待することができます。

打ち水を実施したら効果的な時間っていつ頃なの?


 

打ち水をすることによって涼しさを得ることがわかりました。

 

ただ、打ち水も実施する時間帯を間違ってしまうと効果が得られないだけではなく逆効果になってしまう場合もあります。

 

では、打ち水の効果が期待できる時間はいつでしょうか?

 

 

打ち水に効果的な時間帯は早朝と夕方になります。

 

早朝でまだ気温が上がりきっていない時間帯に打ち水をするこで、水も一気に蒸発するのではなく、ゆっくりと蒸発します。

 

なので気化熱もゆっくり発生するので、長い間涼しさを感じることができます。

 

夕方も早朝と同じで、気温が下がってきたときに打ち水をするのが効果的と言えます。

 

 

また、夜の打ち水も効果が期待することができます。

 

夜に打ち水をすることによって、アスファルトやコンクリートが日中に吸収した熱を打ち水によって下げることができます。

 

また気温も上がらないので、空気は長い間涼さを保ち、快適な夜を過ごすことができます。

 

 

なお、打ち水をする場所ですが、ひなたでなく、日陰で風通しのよい場所が効果的です。

 

早朝や夕方でもひなたに打ち水をすると、すぐに蒸発してしまい、あまり効果がなく、逆に湿度だけが上がってムシムシしてしまう場合もあるので注意しましょう!

逆に打ち水を実施したら、逆効果になりそうな時間帯は?


 

打ち水に逆効果になる時間帯は昼間の気温が高いときです。

 

昼間は打ち水をしてもすぐに水が蒸発してしまいます。

 

気化熱の効果を期待するよりも早く気温が上がってしまい、さらに水をまくことで湿度も上がります。

 

湿度があがるこでムシムシとする不快さが増して、打ち水をする前よりもかえって暑く感じることになるでしょう。

 

埃をとるための打ち水としては効果はあるかもしれませんが、涼しさを求めるのであれば、昼間の打ち水は避けましょう。

まとめ

打ち水は昔から伝わる伝統的な涼をとる方法です。

 

マンションでは打ち水はできないのかなと思っていましたが、ベランダのあまり日が当たらない場所に打ち水をすることにより部屋の気温を下げる効果が期待できるようです。

 

また、打ち水に使う水も、風呂の残り湯などを利用してよいので、エコロジーですね。

 

この頃暑くて毎日クーラーなしでは生活できませんが、打ち水をすることにより、少しでも気温が下がれば助かりますね。

 

私も早朝にベランダに打ち水をしてみようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です