七五三はいつ頃、何を準備したらいいのかについて。

七五三っていつから準備する?

image001
小さなお子さんの子育て真っ最中のパパ、ママ!

初めておむつを替えて、ミルクを飲んで、そして離乳食・・・

成長の一段落を感じると、そろそろ七五三の時期がやってきます。

では、実際にはいつ頃どんなことをすれば良いのでしょうか?

七五三っていつ行うものなの?

明治時代までは「数え年」が使われ、七五三も数え年のそれぞれ3、5、7歳

に行っていました。

しかし現在では、満年齢が主流になっています。

ということで、現在では数え年、満年齢のどちらでお祝いしても良いとされています。

ご兄弟がいる場合、数え年、満年齢などにこだわらず同時に済ませてしまうということも

現代ではありますね。

 

2018年の七五三、何をしたらいいんだろう?

image002
2016年11月15日は火曜日になります。

そうは言っても現代の事情を考えると、平日にあたる15日に行うのは、なかなか難しい

かもしれません。

そうなると、気になる日として、週末の「大安の日」ということになります。

そこで、10、11月の週末を見ると大安日が少なく、分散されることが予想されます。

それでも大安にこだわるなら、11月13日(日)となり、お宮参りや会食場所は

混雑が予想されますので、早めの予約をお勧めします。

七五三の予約って何をしたらいいの?

ご祈祷を希望する場合、予約の可否はその神社によって異なります。

早めに確認をしておきましょう。

七五三の相場ってどんな感じなんでしょう?

image003
では七五三にかかる費用と相場はどうなっているのでしょうか?

・初穂料(ご祈祷料)

神社で祈祷の際に収めるお金のことで、子供一人につき¥5000~が相場です。

・写真代

写真を何枚くらい撮るのか、どんな大きさにするのかによって様々ですが、

写真スタジオなどを利用すると¥30000ほどはかかるようです。

・衣装代

購入する場合¥20000~

レンタルする場合、¥10000~となりますが、写真スタジオなどでのレンタルの場合、

撮影費用に含まれる場合もあります。

・食事代

昼食¥3000~

夕食¥5000~¥10000となっています。

食事もレストランなのか、自宅に仕出しを持ってきてもらうのかなど、様々な

パターンによって変動します。

・お祝い金

深い付き合いのある知人のお子さんへ・・・¥3000~¥5000

甥や姪へ・・・・¥5000~¥10000

孫へ・・・・・¥10000~

最近では、晴れ着の購入代、写真撮影代、食事会の費用などを負担するなど

形態は様々なようです。

いかがだったでしょうか?

いずれにせよ、小さなお子様の成長をお祝いする行事です。

金額や形に捕らわれず、お子様とその両親他、周辺の方々が晴れやかな一日に

なると良いですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です