シャンプーの選び方によって効果が全く違うということも考えないと行けないですよね。

普段、シャンプーはどのように選んでいますか?髪に悩みを抱える人は、値段やCMではなく自分の頭皮環境にあったものを選ぶ必要があります。

シャンプーの成分の特徴|それぞれの特徴を理解しましょう

天然成分が入ったシャンプーを選ぶことが大切です。

シャンプーの種類は数え切れないほどありますが、違いはどういったところにあるのでしょう。

強すぎる洗浄成分の入ったシャンプーを使用すると、健康な頭皮環境でもフケやかゆみ、抜け毛といったトラブルが発生する可能性があります。

シャンプーの成分には、メリットとデメリットがありますが、自分の頭皮の状態に合ったシャンプーを使用しれば大きな問題は起こりません。

また、石油系合成剤でないシャンプーの方が、頭皮への負担が少なくなると言われています。

頭皮に優しいシャンプーにはこんな種類があります。

スカルプシャンプー

頭皮の健康のためのシャンプーと言われます。「スカルプ」とは「人間の頭皮」という意味です。髪の見た目だけでなく頭皮をキレイにすることを目的としています。頭皮の健康を考えたシャンプーなので、頭皮の皮脂量を適切に保つことができます。

いろんなシャンプーの商品名に「スカルプ」って入っていますよね。「人間の頭皮」と言われると納得って感じです。

ノンシリコンシャンプー

シャンプーによる頭皮トラブルを解消します。

シリコンは、髪に膜を作って表面の美しさを保つ効果がありますが、膜が頭皮に残ると皮脂が酸化され、髪が弱る可能性があります。ノンシリコンはきめの細かい泡でさっぱりと洗い上げ、頭皮に優しく安全に使用できます。

 

シャンプーの種類と言ってもいろいろあります!

石鹸系シャンプー

環境に優しい自然派シャンプー。石鹸を主成分としたシャンプーです。自然派志向のシンプルなシャンプーなので、しっかり石鹸かすを洗い流せば、体に害がありません。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸洗浄成分で頭皮を傷めないのが特徴です。体を作る成分のアミノ酸を主成分としているため安全です。また、シャンプーに含まれるアミノ酸が髪に浸透し、髪を修復する効果もあるとされています。

高級アルコール系シャンプー

泡立ちがよく洗いやすいのが特徴です。(やはり高級だけに・・・という話もありますが。)薬局などで市販される一般的なシャンプー。香料の成分も入っているため、香りも非常によく、泡立ちが良いため洗浄力も高いのが特徴です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です