髪を増やしたい|そのメカニズムを考え育毛に役立てましょう。

遺伝とかにもよるのでしょうけど、歳を重ねると、髪が薄くなったり、白髪が目立つようになったりいろんなことがありますよね。そこで、今回は

髪を増やすメカニズムを知り、育毛に役立てることを考えてみましょう。

髪は毛先から伸びるのではなく、毛根から伸びていきます。

髪は植物のように、先から伸びるわけではありません。髪は、頭皮の下にある

「毛根」で作られます。毛根の最も深いところにある、毛母細胞と呼ばれる細胞が

増殖することによって、上に上にと押し上げられることによって、髪の毛が伸びつ仕組み

になっています。

毛母細胞は毛細血管を流れる血液から、酸素や栄養を得て、増殖していきます。

増殖した細胞は、頭皮の中にあるときは柔らかいのですが、押し上げられる過程で

角化して水分が少なくなり固くなるのです。

髪の状態を良くするためには、新たな紙を作り出す場所となる、毛根に栄養を与え、毛母細胞の活動を

活発化させることが大事になってきます。

この手の、毛根にエネルギー的な製品は世の中いろいろありますよね。

有名所は、リアップとか、チャップアップとかになりますでしょうか。

頭皮の構成は3層構成になっています。

頭皮は、表皮、真皮、皮下組織の3層でできていて、さらに、表皮は角質層、顆粒層、有棘層、基底層の4層に分かれていて、

下の基底層かた細胞が火山のマグマのようにどんどん押し出されるような仕組みになっていて、最後に角質層として剥がれ落ちていく

といった動きをしています。

通常、この新陳代謝の周期は6週間程度とされています。

パーマやカラーで頭皮を痛めたとしても、影響があるのは表皮部分のみになります。表皮は常に新しく生まれ変わっているため、

頭皮全体には影響はないものと考えられています。

髪の毛は皮膚が変化してできたものです。だからお肌に良い食品は、髪の毛にも効果的!

髪は皮膚の角質層とう同じ、ケラチンというタンパク質の一種からできています。

ケラチンというのは、沢山のアミノ酸が結合してできたがったものになります。

ですので、髪とは、頭皮の細胞の一部が変化して生まれたものです。

したがって、基本的に、美肌に効果的な食材は、髪の毛にも効果的ということができるようです。

タンパク質の構成に欠かせない必須アミノ酸やビタミン、ミネラルの多い食材を中心に、バランスのよい食事を

心がけることが、髪を美しく保つのに効果的です。

髪の毛に効果的であると言われる食品はこんなものがあります。

タマゴ・・・タマゴは8種類の必須アミノ酸のすべてをバランスよく含む総合栄養食品です。ビタミンや鉄分、亜鉛も豊富に含まれています。

鶏肉・・・鶏肉はコラーゲンも多く含まれている食材の代表格です。手羽や軟骨の他にも、もも肉にもコラーゲンは多く含まれています。

大豆・・・大豆は畑の肉を呼ばれるほど、豊富なタンパク質が含まれており、中に含まれているイソフラボンは髪にも良いとされています。

イソフラボンというのは、ポリフェノールの一種になります。ポリフェノールって赤ワインにも多く含まれているのは、有名ですよね。

牡蠣(カキ)・・・カキはタンパク質の合成に必要な、ミネラル分、亜鉛等を多く含んでいます。その他ビタミン、亜鉛といったものも豊富に含まれています。

アボガド・・・アボガドはビタミンAや、ビタミンEといった成分が豊富に含まれていて、特にビタミンEは、肌や髪にも良いとされています。

こうして見てみると、肌や、髪に効果的な食材って、とっても健康的な気がしてきますね。それほど特別なものではありませんから、意識して摂取していけば、きちんと取れるのではないでしょうか?

ヘアサイクルを知って、長くて太い毛を作りましょう!

よく知られていることですが、髪の毛には寿命があります。

これを、ヘアサイクルと呼ばれる周期があり。成長期→退行期→休止期→前記成長期を繰り返して

抜け落ち、新しい髪に生え変わっていきます。

成長期・・・毛母細胞の分裂期間。通常2~7年掛けて分裂を繰り返していきます。一般的には男性より、女性の方が長いと言われているようです。

退行期・・・メラニン色素(髪の色を決める成分と言われています。)の生成がとまり、毛母細胞の増殖活動が弱まります。期間は2週間程度とされています。

休止期・・・髪の成長が完全に止まり、整髪や洗髪で簡単に抜け落ちてしまう状態を指します。期間は3ヶ月程度と言われています。

前期成長期・・・古い紙が抜け落ちて、新しい髪が毛根から生えてくる期間になります。

 

髪の毛の寿命は最長で約7年とされています。

 

髪は最長でも7年程度で抜けるため、永遠に伸ばすということは不可能なようです。

日本人の場合、髪の毛の伸びる速度は平均して1ヶ月に1cm程度と言われていて、年間で12cm程度。したがって髪の毛の長さは、どんなに長くとも、90cmまで達しません。

普通は、髪の毛が身長を超えて長くなることは無いのですが、たまにおられる、ものすごーく、髪の長い方って、どういった仕組み何でしょうね。

ちょっと興味があります。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です