ローンとクレジットの違いについてまとめてみました。

英語の意味を考えると、二つの違いがわかりやすいと思います。ローンは貸し付け、クレジットは信用という意味になります。

ローンとはどういうことか。

ローマ、銀行や消費者金融などの金融機関が、中小企業や個人を相手にお金を貸し付ける。(融資する。)ことで、貸し付けの際には、遺族や貸し付けけなどを定めます。個人向けローンには用途限定しないフリーローンと、教育ローン、住宅ローンのように貸付金の用途が決められているものがあって、一般的には後者の方が金利が優遇されます。

ちなみに、カードローンはフリードの一種で、あらかじめ決めた。限度額内であれば ATM などで自由に借り入れや返済ができるシステムです。

クレジットとはどういうものか。

一方、クレジットは信用に基づく取引で、商品やサービスの代金も現金で支払う代わりに、クレジット会社(信販会社)に立替払いは他のも方法です。買い手の後払いを使用して商品を先渡しするので、クレジット販売(信用販売)ともいいます。

クレジット会社も、キャッシングローン、ショッピングローンなどのローン業務を行っていることが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です