気付と親展の違いについて気になるところをまとめてみました。

気付とは?

気付「きつけ」と読む。手紙を直接相手の住所に送らず、その人の立ち寄り先などに送るとき、あて先の下に書き記す。中継となる人の名前や組織名の後に添えられる。

親展とは?

手紙やメールを宛名開封することを求めるのに使う。この記載がなされているものは家族や同じ会社の人間であっても、開封してはならないとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です