【購入前に必見!】日本盛酵素サプリ製造方法についての情報を調べてみました!

日本盛の製品である
「植物生まれの酵素」について調べてました!

日本盛 植物生まれの酵素 とは

よく知られている野菜からめずらしい野草にいたるまで
なんと130種類もの野菜素材を凝縮した健康応援サプリとなっています。

 ▼公式サイトはこちら▼

よく、1日30品目を食事に取り入れたほうがいいという声を耳にしますが、実際に取り組もうとすると
いろいろ大変ですよね?

「植物生まれの酵素」は、なんと実際に130種類もの素材を使用います。このため、食事だけでは摂りにくい栄養素や栄養分をこの酵素で補って、元気な毎日に過ごすことがを応援する製品になっています。

製造方法の特徴としては、

自然の力だけで発酵させています。

日本盛の「植物生まれの酵素」は、旬にこだわった野菜、果物、海藻、穀類、野草を全部で130種類も使用しています。

樽の中で2年間じっくり熟成し ─ 栄養分をまるごとサプリメントに仕上げました。

有機栽培野菜※も使用されています!

“安心”も品質のひとつだと考えていて、素材の野菜・果物は出来る限り

有機栽培や減農薬・無農薬のものが使用されています。

※使用する原料は季節によって栽培方法が異なるそうです。

ダブルの乳酸菌がなんと約11億個※!

さらにうれしいオリゴ糖、食物繊維も配合♪

スッキリをサポート!

特に、美容と健康に効果的な乳酸菌をなんと約11億個も含んでいます!

さらに『生きたまま腸まで届く乳酸菌』を約1億個も含んでいます。

そして、日本酒を搾った後に残る、栄養たっぷりの酒粕には、発酵に欠かせない乳酸菌がたくさん含まれています。そんな日本盛ならではの『酒粕由来の乳酸菌』をさらに約10億個配合。約11億個の乳酸菌がからだを元気に支えます。

※2粒あたりとなっています。

フリーズドライだから苦くなく、飲みやすくなっています!

フリーズドライ(凍結乾燥)製法を採用し

2年間かけて、じっくり熟成させ抽出した発酵エキスをフリーズドライ製法で粉末化させています。

熱を加えていないので、素材から抽出した栄養素をしっかりと残した形で製品かしています!

無理なく取りやすくなっています!

日本盛の「植物生まれの酵素」は、カプセルタイプになっています。酵素が、カプセルでカバーされているから酵素の味を感じにくく、「苦くないため飲みやすい!」と好評のようです。

また、小さく、軽くなっているので持ち運びにも便利となっています!無理なく簡単に摂れるカプセルタイプですので、ぜひお試しください。

※本品は食品となります。

毎日元気! 毎日スッキリ!

酵素にまつわる ちょこっと豆知識。

そもそも「酵素」って何のことを言うのでしょう?

酵素とは、消化・分解・吸収など私たちの健康づくりに深く関わる物質となっています。

身近な食べ物なかでは、みそ・納豆・しょうゆ・チーズ・ヨーグルトなど“素材を発酵させた食品”に多く含まれています。

酵素をしっかり摂って、スッキリ元気な毎日を過ごしたいものです。

「酵素」は素材を発酵させた食品に多く含まれる。植物生まれの酵素ができるまで。

植物生まれの酵素がどんな所で どんな風に作られているのかをお伝えします!

素材の仕入れ

旬のものを中心に畑でとれた野菜、果物、きのこ、穀物などをひとつひとつ手に取って素材を

見極めていきます。

皮、葉、種もまるごと使うようにしているので、農薬を使わない有機栽培や減農薬・無農薬の野菜や果物などをできるだけ多く使うようにしています。

しっかりとした水洗い!

畑でとれたばかりの野菜は泥がたっぷりついています。手作業で丁寧に汚れを落としていく必要があります。

その後、それぞれの素材に合わせて発酵しやすい形に切っていきます。

発酵しやすい形というのも、一つのノウハウですね。

それぞれの切り方が違うんですよ。

自然発酵の実施

切り分けた素材を樽に入れて密封し、黒糖とともに樽の中に漬け込みます。

発酵は1年ごとに一次発酵、二次発酵をさせており、野菜のカット方法から仕込みの順番など、自然発酵に最適な発酵技術によるものです。

自然のチカラだけで発酵させます。

発酵エキスが完成します。

樽の中で寝かせていた素材を搾り出す工程です。。

野菜が持っている水分などで液体状の発酵エキスとなります。

香りはソースみたいになるみたいです。

昔、デリシャスソースの宣伝でありましたよね。

トマトに リンゴに ニンジン タマネギ グツグツ 煮込んで スパイス 入れよう パイナップル ビネガー ワインは 隠し味 おいしく できたよ デリシャスソース♪ ってやつ

だから、ソースみたいになるんだろうなあ。

▼公式サイトはこちら▼


フリーズドライ製法で粉末化します。

発酵エキスをフリーズドライ(凍結乾燥)製法で粉末にします。

ここで乳酸菌、オリゴ糖、食物繊維をプラスしていきます。

検品作業の実施

粉末化した酵素をカプセルにつめた後に、人の目で傷や割れ目がないかチェックします。

やっぱり最終的には、人間による確認が一番なんですよね。

当然、一粒、一粒チェックします。

袋詰めの実施

各種の、品質基準検査をクリアしたカプセルだけを詰めていきます。

賞味期限などを記載して完成となります!

完成!!

素材を仕入れてから完成まで2年間もかかっています。

安心安全を第一に考え、

130種類の素材を1粒に凝縮した

「植物生まれの酵素」となりました。

本当、この商品、作るの大変ですわ。。

▼公式サイトはこちら▼


いつ飲むのがより効果的ですか。直前ですか。食後ですか。

薬ではなく食品ですので、飲み方や分量については特に決まりはないようです。

あくまで目安ですが、初めての場合にはより実感するために飲み始めから2週間は

一日4粒、その後は、一日2粒程度が良いようです。

タイミングについても食前や食間、特に決まりがあるわけではなく、お茶を飲むときや

寝る前でも問題ありません。すっきり1日を過ごしたいということで起きたらすぐに飲む方も

いらっしゃるようです。生活のリズムや食生活は、人それぞれですので、生活スタイルに応じて、

飲むのが良いようです。

子供に飲ませても大丈夫ですか?

子供が飲んでも特に問題はないようです。ただし、大人に比べて体も小さいので

飲む量は大人の半分程度が良いようです。

また、カプセルは飲み込みにくい場合には、中の粒だけを取り出して飲むのもおすすめのようです。

製造過程で加熱していますか?

熱も水も使わない。自然発酵方でじっくりと発酵させているようです。

加熱殺菌は行っていないため、素材そのものの成分を楽しむことができます。

 

高血圧の薬を使用しているのですが、原料にグループフルーツははいっていますか?

現在、植物生まれの酵素の中にはグレープフルーツが入っていないそうです。

グレープフルーツ入ってることで、高血圧の方や薬を服用されてる方から不安を

感じるという問い合わせが沢山寄せられている。また、安全性確保の面から

グレープフルーツは発酵原料から、削除されたそうです。

保存料、着色料といった添加物は入っていませんか?

カプセルの中身が一様に混ざるように、サトウキビに含まれる、ショ糖脂肪酸エステルが

極微量配合されています。

また、植物発酵エキスパウダーをエキスから粉末化する際、セルロース、デキストリンと

いったものを賦形剤(ふけいざい)として、使用しています。

どちらも食品添加物としては一般的に使用されている。成分だそうです。

 

どうしてドリンクタイプじゃなくて粉末タイプなのでしょう。

100種類以上の素材を発酵させると黒い液体状のエキスになります。

商品が届いてからの品質の安定性と安全性を考慮、また、誰にでも飲み

やすくすることを目的として粉末タイプになっています。

粉末タイプのメリットはこんなところです。

有用成分を凝縮することができます。

水分がほとんどないので、品質が安定します。

カプセルになっているので携帯することが可能です。

味やにおいなどの風味に関係なく飲むことができます。

粉末タイプのデメリットは今のところです。

粉やカプセルを飲むのが苦手な方にとっては飲みにくいでしょう。

※その場合は、カプセルから粉末を取り出して、水やヨーグルトなどにまぜて飲むこともできます。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です