リョウシン jv 錠は五十肩に効果があるのかないのか 気になるところをまとめてみました。

TVCMでもおなじみのリョウシンJV錠、ひざの痛みや、神経痛について効果があることは

よく知られていますが、さて、五十肩については効果があるのでしょうか。気になるところをまとめてみました。

▼公式サイトはこちら▼


リョウシンJV錠は五十肩に効果があるのか。

 

結論から言うと、効果があると言っていいと思われます。

公式サイトの中にも、

「リョウシンJV錠は、関節をサポートするだけでなく、五十肩、筋肉痛、眼精疲労の緩和に効きます。

さらには、病中病後の体力低下時、肉体疲労時、妊娠・授乳期の栄養補給ができますので、

お疲れ気味の方にもおすすめです。ぜひご家族でお試しください。」

と記載がありますので、問題はないでしょう。

▼公式サイトはこちら▼



 

五十肩ってなんでしょう。

 

これといって大きな怪我をしたわけでもないのに肩がとても痛くなったり、

だんだんと動かなくなる病気が五十肩といわれています。多くの方が50歳前後

からかかるため五十肩と呼ばれます。実際には40歳以降からか掛かり始めることもあり、

45歳以降になるとぐっとその割合が増えていきます。専門用語では「肩関節周囲炎」と

呼ばれています。40代の人がかかった場合は五十肩とは呼ばずに四十肩と呼ぶこともありますが、

同じ病気です。なんだか変な話ですね。

五十肩というのは、ある程度の期間は痛みが継続しますが、最終的には(治療の有無に関わらず)

痛みがなくなるという特徴があります。しかしながら、痛みの強さや期間は個人によって異なっており、

一概にで「五十肩」と言っても軽症から重症までいろいろなケースがあることが知られています。

重症であればあるほど、痛みが長期間に渡ります。軽度の場合は数週間から数か月で痛みが治る

こともありますが、重症の場合は(適切に医者による治療を受けなければ)最低でも1年半は痛みが

ことも考えられます。海外の研究によると、重症の五十肩の場合、(湿布や痛み止め、リハビリなどの

治療をしていても)3年経っても4割程度の患者に痛みが残っていることが報告されています。

腕が上げられない、肩が動かせないといった動きの制限の度合いが強い人ほど重症ということが言えます。

▼公式サイトはこちら▼



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です