キャスターとアナウンサーの違いってどこ? 気になることろをまとめてみました。

キャスターとアナウンサーの違いについて

それぞれの仕事の違いを知ることで、具体的な役割がそれぞれに存在することに気づきます。

まずキャスターですが、ニュース番組において司会、仕切り役などを指します。ただ実際に明確な定義というものは存在しないため、簡単に説明するとニュース番組での司会と考えてよさそうです。たまにフィールドキャスターという人がいますが、これは事件現場や記者会見場でリポートをする人であり、本来の意味からは外れます。このように、定義らしい定義がないことが分かりますが、この言葉は英語には存在せず、和製英語となっています。そのため、同じ言葉を外国人に発したとしても理解してもらえないのが実情です。

英語で表現する場合、プレゼンターやニュースリーダーなどが妥当です。またアンカーマンという呼び方をするケースもあります。アンカーは英語で船の錨を指しており、最後に意見をまとめて最終的な意見を述べる人という意味合いが含まれています。世界でもアンカーマンと呼ぶか、プレゼンター、ニュースリーダーと呼ぶかで分かれており、イギリスはプレゼンター、アメリカはアンカーマンと呼んでいる状況です。日本でも近年はアンカーと呼ぶケースが出てきており、和製英語ではない呼び方が浸透しつつあります。

一方のアナウンサーですが、こちらはニュースを読むことがメインとなっている人です。諸外国では記者が取材活動を行い、編集や音声、ディレクターなど様々な仕事で成り立ち、最終的に原稿を読むのがアンカーマンとなっていますが、日本の場合は単にニュース原稿を読む人になっており、自分で取材に赴くなどのことはあまりしません。自分の声を武器に正しい言葉で世の中のこと、目の前に起きていることを実況していくのも仕事とされ、スポーツの実況などもその1つですが、求められるものは同じ職種なのに違います。

最近になり、さらにその幅が広がることがあります。それはフリーランスの人が一気に増えたためです。アナウンサーが専門的に所属する事務所が存在しており、テレビ局で働いていた人から以前はモデルだったのにいきなりアナウンサーと称して活動を始めた人まで様々です。テレビ局の人だけを呼ぶのではなく、フリーランスの人もそのように呼ぶことになったため、さらに混乱を増してきたというのが最近の傾向です。厳格な基準で使われてきたものが段々とその幅を広げてきたことも大きな要因になっていると言えます。

ただ、昭和50年代まではどちらかと言えば、欧米のアンカーマンのような形で運用されてきており、日本語を正しい言葉で用いることに命をかけてきた人が多かった時代がありました。しかし、女子アナと呼ばれる技量よりも可愛さ、美しさを優先した結果、人気が爆発的に出てしまい、ほぼ全局が追随する形になり、いわゆる花形の仕事として定着します。フリーランスでやっていた人は多かったですが、あくまでもテレビ局の社員がそのように呼ばれており、女子アナブームが用法を変えたような部分があります。

これら2つの違いはそれぞれが拡大解釈されて用いられることになったことで見えにくくなっているのが現在の状況です。ニュースを仕切る人、ニュースを読む人で分けるのが一番簡単です。一方ニュース番組にはストレートニュースというのがあります。これは原稿のあるものをそのまま読み上げて終わるニュースです。この場合はキャスターは存在せず、アナウンサーが読み上げることになります。コメンテーターを囲んでやるようなニュース番組の仕切りをキャスターが務めると思っておけば大丈夫です。

もしニュース番組の仕切りをしたいのであれば、テレビ局に勤める必要はなく、アナウンス学校に通ってアナウンス技術を一通り学んでおければ誰でもなることができます。特にネットメディアではだれもがそのように自称できる状況になっています。それもこれも女子アナブームが過熱し、人気アナがフリーランスとなり、人材があふれているためです。

どちらかと言えば、テレビ局の広報担当のような感覚で捉えると分かりやすく、テレビ局が自前で育てたタレントのようなものになりつつあります。もちろんアナウンス技術を学び、災害時にはこの人たちが中心に情報を伝え続けます。賢いのが当たり前という時代はもう古く、可愛らしさがある、モデルのようにきれいなどそちらで評価されることが増えるなど、時代の変化によってこれらの役割も変わっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です