アルバイトとパートの違いってどこ? 気になるところをまとめてみました。

アルバイトとパートってどこが違うの?

意外なことに、アルバイトとパートの違いは、明確にはありません。

募集をしている業者によって、労働時間の長さによってパートタイム従業員か、

アルバイト従業員かで判断されています。社会保障や履歴書に掲載されている

内容にはほとんど違いはありません。

ただし、パートタイムの場合は、一般的なアルバイトと違って、労働時間が長くなっており、

勤務時間も常に決まっている事が多いです。

そのため、学生の方はパートタイムで働くことは非常に困難であるということが言えます。

学業との両立は難しくなるので、アルバイトとして働くことが良いでしょう。こちらであれば、

雇用主との話し合いによって勤務時間を変更することが可能なだけでなく、

雇用者の希望によって変更することが可能になっているのです。

私はかつて地元の飲食店にて働いていましたが、雇用主との話し合いによって、

テスト期間中は時間を短縮して学業に専念することができたのです。話し合いによって、

テストで単位を取ることが出来ました。最近ではテスト期間中であるにもかかわらず、

学生が休みの希望を出したにもかかわらず、休ませてもらえずに仕事を続けた結果、

単位を落としてしまったケースが相次いでおり、これらは立派な法律違反になってしまうので、

事業者は注意して、彼らに休みを与えることで徹底的に管理しなければなりません。

それだけでなく、最近では、季節性の商品が売れなかったことにより、その売れ残りを有料で

買い取りするように強要していたケースもありますが、これも重大な法律違反になってしまいます。

例えば、節分の恵方巻きが売れ残ってしまった結果、従業員に無理をして購入させるなどのケースが、

スーパーマーケットの従業員やコンビニエンスストアの従業員の方が被害にあっています。

このような問題を防ぐためには、事業者が徹底的に商品管理を行うだけでなく、

予め売れる量を適切に予測することが重要です。従業員が買い取ったとしても、

損失は埋め合わせることは非常に難しいだけでなく、食品ロスも増大してしまうので、

改善しなければならないのです。この問題が改善されなければ、小売店は利益を上げることが

出来ないだけでなく、最近の若者は常にSNSにつながっているので、店舗の悪い噂が流れて

しまうのです。店舗の悪評が広がってしまっては、もう取り戻すことは出来ません。

利用者は激減して業界から追放されることになるでしょう。取引先も次々と撤退していき、

再起することさえ困難になります。以上のことから、従業員に自分たちの商品を購入させるなどの

行為は防ぐべきものであり、組織的に規制する必要があるのです。最近は、どこの事業所も

従業員を募集していますが、人手不足が深刻になってきています。しかし、それらのほとんどは

パートタイムが中心で、アルバイトはほとんど募集されていません。その理由として、

長期間働くことができる人材を募集している傾向にあることが予想されます。特に最近は

人手不足が深刻ですが、それ以上に学生がすぐにアルバイトをやめてしまうことが多く、

せっかく仕事内容を教えてもすぐに辞めることにより、収益を上げることが困難になってきているのです。

この問題を解決するために、事業所の一部は契約書にサインさせないなどして、

意図的にやめさせないように囲い込みをしていますが、これも重大な法律違反になってしまうので、

やめたほうが良いでしょう。もっとも、従業員がすぐに辞めてしまう環境にも問題があります。

最近の接客業は特に問題が深刻で、モンスタークレーマーが非常に多いことから、PTSDを発症

してしまう学生が大量発生してしまっているのです。スーパーマーケットやコンビニエンスストアの

レジスター業務においては特に問題が深刻で、顧客は些細なことに難癖をつけて、従業員の人格さえも

否定してきます。私がドラッグストアで働いていた頃には、同様に些細なことに腹を立て、

尋常ではない剣幕で暴言を吐いている顧客が非常に多かったです。それによって仕事をやめていった方は

数が多く、結果的にレジスター業務の募集は今でも続いています。そのため、長期で契約することができる

パートタイムの従業員を中心に募集しているのです。この募集形態であれば、容易にやめることが難しいだけでなく、

長時間働くことになるので、仕事内容を覚えやすくなるだけでなく、慣れやすくなるというメリットがあるのです。

ただし、私の場合は、慣れる前に精神に異常をきたして、結果的に自主的にやめてしまいました。

これから従業員として働きたいのであれば、接客業に関しては避けておいたほうが良いでしょう。

精神異常者になってしまう可能性も否定できませんし、従業員を守ろうとする考え方は、

事業主には一切ありません。事業主はお金を稼ぐことしか考えていないので、強盗の被害にあっても

保証は全くされないのです。だから、誰も接客業を自主的にやろうとしません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です