栗の美味しい季節、栗のカロリー、おすすめの食べ方はこれ!

栗の美味しい季節、食べ方、栄養についてまとめてみました。

栗のカロリーは?食べ方は?

image001
秋の味覚で気になるのは「栗」。ホクホクとしていて、ほのかな甘み。

天津甘栗、マロングラッセ、栗ごはん、モンブラン・・・。世界中で愛される

栗について調べてみました。

 

栄養はどうなっているの?

ナッツ系に属し、少量で栄養価の高い食べ物ですので、お子様やお年寄りにも

おすすめです。葉酸も含まれているので、妊婦の方にも最適です。

主成分はでんぷんですが、ビタミンA、ビタミンB群、ビタミンC、カルシウム、

カリウム、鉄分、ミネラル、葉酸、食物繊維などが豊富に含まれています。

さらに渋皮にはポリフェノールの一種であるタンニン、プロアントシアニジンを多く含み

体の活性酵素を除去する働きがあるので、老化防止やがんの予防に良い

されています。

美味しい食べ方は?

image003
シンプルな食べ方は、茹でること。しかし、半日ほど水に浸し、その後茹でて50分、

茹であがったら皮を剥く、と、少し手間がかかります。

でも、この工程が終われば、栗ごはん、栗きんとん、モンブランなど、

バリエーションは豊富にあります。

さらに、ポリフェノールも摂取したい、という方には渋皮煮が

おすすめです。

ご参考まで↓


気になるカロリーは?

カロリーは茹でたもので大きい物は1粒で35kcal、小さい物でも25kcalあります。

天津甘栗では、およそ11kcal、大きい物は20kcalに相当します。

お正月の定番、栗きんとんになると、1個でおよそ30kcalになってしまいます。

5個茹で栗を食べると、それだけで茶碗一杯ぐらいのカロリーに相当しますので、

美容や健康のためとは言え、食べ過ぎには要注意です。

太らない食べ方は?

一日に10粒程度が食べる適量です。どんなに身体に良いと思っても

食べすぎるのは禁物です。

また栗きんとん、モンブランなど甘くなっている料理やスイーツは、

作る工程に砂糖をしているので太ることを気にしている方にはおすすめできません。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

栄養価が高く、食物繊維の多い食品、でも意外にカロリーは高い。

この特徴を押さえておけば、ダイエット中の方でもおやつにスナック菓子などを

食べるよりは断然健康的なおやつになります。

また、一度にたくさん食べるのではなく、毎日少しずつ食べることにより、

それぞれの栄養を無駄なく摂取することができます。

栗の産地といえば丹波などが有名ですが、最近では比較的住宅地の中でも

栗を栽培しているところが見うけられます。

今年の秋は、ご家族は友人と栗拾いに出かけてみてはいかがですか?

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です