敬老の日のお花の選び方について調べてみました

9月の第3月曜日は敬老の日とされ国民の祭日に定められています。

この敬老の日は自分たちの人生の大先輩となる老人の方たちに感謝と

これからの健康を祈る日です。敬老の日にはおじいちゃんやおばあちゃんに、

プレゼントを用意することがあります。

その際に何を贈ったらよいのかと迷うことがありますが、贈る方も

贈られる方も気持ちが華やかになるお花のプレゼントなどもおすすめです。

ガーデニングなどの趣味があられたり、華道などをされているような場合

などは特に自分の好みの花などをプレゼントされると大変喜ばれますし、

その季節のものなどでアレンジしたものなども喜んでもらうことができます。

またガーデニングなどの趣味があられなくても、敬老の日をお祝いして

これからも元気に長生きしてほしいと言ったメッセージを添えた季節の

お花を贈るのも良いです。

9月頃だとマリーゴールドやトレニア、オキシペタラムなどもかわいい

アレンジが似合うので素敵なプレゼントを用意することができます。

また体が不自由であったりすると言う場合やご病気で入院していたり、

自宅で養生されていると言った場合などには水やりなどのお世話を必要と

しないプリザーブドフラワーをプレゼントに用意するのも良い方法です。

プリザーブドフラワーは生花を特殊な薬剤で加工したもので、美しさや

色合い瑞々しい質感などをそのままに長い期間楽しむ事ができると

言うものです。たくさんの種類のものがありますから、おじいちゃんや

おばあちゃんの好みやイメージに合わせて部屋や玄関などに飾れるような

アレンジメントを選ぶようにすると良いです。プリザーブドフラワーは

花粉や香りなどもないので入院中の病室に飾ることができ喜んでもらうことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です