れんこんの人気レシピにはどんなものがある?

れんこんの人気レシピにはどんなものがある?

秋から冬にかけて旬を迎えるれんこん。炒めるとシャキシャキした独特な歯触りが

楽しめ、すりおろすとモチモチとした食感になる、そんな調理のしかたで色々な

楽しみ方があるれんこんのレシピについて調べてみました。

 

♢れんこんの特徴、産地は?

蓮(はす)の地下茎の肥大した部分を食用としています。食用としているのは

日本、中国など少数の国だけです。穴を「見通しがきく」として、縁起物に

なっています。

主成分は糖質で、そこに含まれるムチンは胃もたれ、滋養強壮に良いとされています。

他にビタミンCや貧血を予防してくれるビタミン12、

カリウム、亜鉛、銅、鉄、食物繊維も豊富です。

さらに最近では、花粉症の原因とされるIgE抗体を抑える効果が

多く含まれていることがわかっています。

生産地は、茨城県、徳島県、佐賀県と続いています。

 

♢調理の際の注意点は?

れんこんにはポリフェノールの一種であるタンニンが含まれ、その作用により

アクがでます。きれいなれんこんの料理を作るには、下ごしらえの際、水か酢水に

漬けてアクを抜きます。茹でる時にも酢を入れた水で茹でましょう。

さらに調理する時の注意点として、鉄なべを使うと黒くなるので、使わないように

しましょう。

 

♢人気レシピは?

 

代表的なものとして、きんぴら、筑前煮、ちらしずしの酢れんこん、天ぷら

サラダなどがあります。

れんこんの穴に味噌、粉辛子、蜂蜜を混ぜ合わせたものを詰め込んで作る

辛子れんこんは熊本県の郷土料理として有名です。

その他に、すりおろすとモチモチとした食感が楽しめる特徴を活かして、

れんこんと片栗粉を混ぜて味を調え、ハンバーグ状にして焼いた

れんこんつくねや、ひき肉との相性を活かしたはさみ焼きなどは、

お子さんも喜ぶメニューではないでしょうか?

れんこんを薄切りにして素揚げにするれんこんチップスは、

おつまみにも最適です。

変わったところでは、れんこんのとろみを活かしてりんごなどと

一緒にスムージーなども健康的な飲み物になります。

 

いかがだったでしょうか?

調べてみると、れんこんに多く含まれているビタミンCですが、

本来ビタミンCは熱に弱い場合が多いのですが、れんこんの場合は

加熱しても残っているとのこと。ビタミンCは積極的に採りたいけれど

冷たいものは身体を冷やすので敬遠したい、なんて方にはピッタリの

食材ではないでしょうか?

シャキシャキ食べて飽きたら、モチモチとおやきのような感覚で食べる、

なんて、その日の気分に合わせてたくさんのれんこんを食べて

元気に過ごしましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です