おはぎ・ぼたもちについて

おはぎ・ぼたもちについて

お彼岸の時期になると、手作りしたり和菓子屋さんでも売っているおはぎ。

おはぎと言ったりぼたもちという方もいらっしゃるでしょう。そもそも

違うものなのでしょうか?

 

♢語源の由来は?

おはぎは「御萩」と書き、秋のお彼岸の時期に咲く萩の花が咲いてる姿に

似ていることから始まっているようです。

ぼたもちは「牡丹餅」と書き、こちらは春のお彼岸に咲く牡丹の花に

似ていることから付いた名前です。

ということで、春に食べるのがぼたもち、秋に食べるのがおはぎと

昔は呼び分けていたようですが、現在はどちらも同じものを指す、という

ことになります。

また、地方によっては、つぶあんのものをおはぎ、こしあんのものをぼたもち

と呼ぶ場合もあります。

他に、うるち米を使ったものをおはぎ、もち米をつかったものをぼたもちと

分けることもあります。

 

♢食べるようになった由来は?

語源の由来は諸説あるようですが、食べる時期によって、使い分けていた、

というのが、一番有力なようです。

では、食べる時期が、お彼岸なのはなぜでしょうか?

材料となる小豆の収穫は秋、秋のお彼岸の前に収穫して作るおはぎは、小豆も新鮮

なのでつぶあんで作り、その後ずっと貯蔵しておいて小豆で作る春のぼたもちは

皮も固いのでこしあんで作っていたのです。

江戸時代、砂糖は高級品でした。その砂糖を使いご先祖様へお供えしたのが

おはぎ、ぼたもちということになります。

また小豆の赤い色は魔除けを意味していて、邪気を払う食べ物としてもご先祖様への

供養につながっていたようです。

 

♢いつ食べるの?

お彼岸の期間は、春分の日、秋分の日を中日として前後3日の合計7日間になります。

そのうちの中日である、春分の日、秋分の日が「おはぎを食べる日」ということに

なります。

 

♢あんこ以外で作るおはぎ

おはぎには、あんこ(小豆)以外のもの、きなこやごまで作るものもあります。

それらも総称しておはぎと言います。

どれも最初の作り方は同じです

・米を熱いうちにつぶし、米を俵型、丸型にする

・周りにあんこ、きなこ、すりごまなどを付ける

 

いかがだったでしょうか?

「昔は、お彼岸の時期になるとおばあちゃんが作ってくれたなあ」なんて

思い出がある方も多いのではないでしょうか?

作り方を調べても、それほど難しい工程は無いようです。さらに最近では

ずんだ、抹茶、さつまいも・・・、アイデアレシピも数多くあります。

今年はぜひ、むかしのおばあちゃんの味を思い出しながら、手作りしてみるのは

いかがでしょうか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です